1. ホーム
  2. 子供の引きこもり
  3. 【通信制高校のサポート校とは】通う4つのメリットとおすすめ校3選
公開日 : 2020/12/17
最終更新日 : 2021/01/05
子供の引きこもり

【通信制高校のサポート校とは】通う4つのメリットとおすすめ校3選

不登校・非行などお子様の問題についてお気軽にLINEでご相談ください。コノミライ相談事務局 LINE登録はこちら
不登校・非行などお子様の問題についてお気軽にLINEでご相談ください。コノミライ相談事務局 LINE登録はこちら

あなたは、

通信制高校とサポート校ってどう違うの?どういう役割があるの?」

「サポート校のある通信制高校の方が良いのかな?」

「サポート校のある通信制高校のおすすめが知りたい」

などの疑問をお持ちではありませんか?

結論から言えば、サポート校とは通信制高校に通う学生の学習全般のサポートや不登校のケアを目的に作られた、一種の塾と高校を合わせたようなものです。

サポート校には通学することができるため、通信制であっても学校の授業やさまざまなプログラムに参加し、友人を作ることも可能になります。

サポート校の利用にはメリット、デメリットがありますので、この記事では、まずは通信制高校とサポート校の違いやそれぞれの役割を解説し、それからメリットとデメリットを説明します。

さらに、サポート校のある通信制高校の選び方とおすすめの学校を厳選して紹介します。

ぜひ最後まで読んで、学校選びの参考にしてください。

記事の目次

この記事の目次

1章:通信制高校とサポート校の違いとは

通信制高校のサポート校とは

それではさっそく、通信制高校とサポート校の違いとそれぞれの役割から解説していきます。

具体的なメリット知りたい場合は、2章からお読みください。

1-1:通信制高校の特徴と役割

そもそも通信制高校とは、不登校など様々な事情によって普通高校に通えないお子さんのための高校で、下記のような特徴を持っています。

  • 通学ゼロで自宅学習(e-learning)だけ、レポート提出などだけで単位を取得できる
  • 学習でつまずいた場合は、電話やメールで教えてもらえる
  • 年1回程度のスクーリングという合宿生活で、友達を作ることもできる
  • 普通高校から転校することも可能

集団生活が苦手、毎日学校に通えない、いじめられて人間関係に不安がある、など不登校になるお子さんの場合、普通高校に通うことにはさまざまなストレスがあります。

しかし、通信制高校であれば普段の通学は必要なく、自宅でマイペースに学習し、サポートしてもらうことができ、高校卒業資格を得ることができるのです。

さらに、学校によってはプログラミング、英語、福祉などさまざまなコースが用意されていて、就職に有利なスキル・資格を取得できる場合もあります。

ご両親からすれば、不登校になったお子さんの将来に不安があるかもしれませんが、通信制高校であれば無理なく卒業でき、さらに強みを身に付けることもできるという点で、お子さんの将来にとってとてもいい選択肢なのです。

ただし、通信制高校は基本的に自宅学習のみになるため、

  • リアルタイムで質問しにくい
  • 日常的な人間関係が作られない
  • 高卒資格の取得以上の体験、イベントが少ない

といった問題はあります。

こういった側面をカバーできるのがサポート校なのです。

1-2:サポート校の特徴と役割

サポート校は、通信制高校の在籍生が教室に通学するスタイルをとることができ、高校の科目の勉強や専門のコースの学習をサポートしてもらえる施設のことです。

サポート校は認定を受けた「高校」ではないため、サポート校にだけ通っても高卒資格は得られません。

あくまで、通信制高校に通う学生のためのキャンパスであり、一種の塾のようなものなのです。

大手の通信制高校の中には、サポート校の仕組みを持っている場合も多く、単に「キャンパス」と言われることもあります。

学校にもよりますが、週1回~5回程度の中から自分のペースで通えるコースを選び、通学しながらサポート校(キャンパス)で勉強することになります。

サポート校も併用できる所であれば、無理のない範囲で通学して学ぶことができるため、勉強におけるお子さんの不安も少なくなります。

学校やコースによりますが、

  • 専門的なコースの授業を受けられる
  • イベントや社会科見学・体験学習などがある
  • サークル活動がある
  • 不登校の生徒でも通いやすいサポート体制がある

などが特徴で、友人を作ることもできます。

自宅学習だけで十分という人には必要ありませんが、通信制高校と併用することで充実した高校生活を送ることが可能になるため、サポート校のある通信制高校もおすすめなのです。

1-3:サポート校に通うことでより確実に卒業できる

注意して頂きたいのが、通信制高校も3年以上在籍して一定の課題をクリアしなければ、卒業できないということです。

自宅学習のみであれば、自分だけで学習を進める学習能力や自己管理能力が必要になります。

そのため、中には挫折して中退してしまうお子さんもおり、通信制高校であっても100%卒業できるわけではないのです。

サポート校に通えば、スタッフのサポートを日常的に受け、友人とも協力して学習を継続可能です。

そのため、サポート校に通うことでより確実に卒業することが可能になるのです。

通信制高校とサポート校の違いや役割について理解することができたでしょうか?

次に、通信制高校のサポート校に通う具体的なメリット、デメリットについて解説します。

2章:通信制高校のサポート校に通うメリットとデメリット

これから通信制高校のサポート校に通うメリットとデメリットを詳しく説明しますので、今後の学校選びの参考にしてみてください。

2-1:メリット

サポート校のメリット

通信制高校のサポート校に通うメリットは以下のものです。

■通信制高校のサポート校に通うメリット

  • 学習・生活全般のサポートを受けられ卒業しやすい
  • お子さんにとって新しい居場所ができる
  • さまざまなイベントやサークル活動に参加できる
  • 同じ境遇の仲間を作りやすい

順番に説明します。

2-1-1:学習・生活全般のサポートを受けられ卒業しやすい

繰り返しになりますが、サポート校は、キャンパスに通学することでお子さんの学習から生活全般をサポートしてくれます。

後ほど詳しく紹介しますが、例えば通信制高校・サポート校であるKTCおおぞら高等学院の場合、以下のようなサポートの仕組みを持っています。

  • みらいノート:将来のやりたいことを明確にするためのノート作成
  • マイコーチ:生徒のチャレンジのサポートやなりたい大人になれるように支援する先生
  • 各種体験学習(みらいの架け橋レッスン、社会の架け橋プログラム)

サポート校のある通信制高校の場合、このように独自の仕組みでお子さんの生活・学習を全般的にサポートしてくれます</markので、卒業しやすいだけでなく社会に出る前にしっかりと準備をすることができます。

2-1-2:お子さんにとって新しい居場所ができる

不登校・引きこもりのお子さんにとって、普通の高校に通うことは大きなストレスになります。

また、不登校・引きこもりのお子さんの場合親子関係に問題を抱えている場合もあり、その場合は家庭も居心地のいい場所ではないことがあります。

そのようなストレスの元が日常にあると、お子さんの不登校・引きこもりはなかなか改善することができません。

しかし、通信制高校のサポート校に通学すると、一日の大半をキャンパスで過ごすことになるため、お子さんにとって新しい居場所になります。

通信制高校には多くの不登校・引きこもりのお子さんが通っていますので、学校側もそのようなお子さんが過ごしやすいように工夫して対応してくれます。

そのため、心に問題を抱えるお子さんでも、毎日をストレスなく過ごしやすいのです。

したがって、通信制高校・サポート校に通うことで新しい居場所ができ、お子さんの社会復帰を進めることができるのです。

2-1-3:さまざまなイベントやサークル活動に参加できる

通信制高校のみでは自宅学習が基本であり、スクーリング以外のイベントはほぼありません。

しかし、サポート校に通う場合は、サポート校で行われるさまざまなイベントやサークル活動に参加できるため、普通高校のような充実した生活を送ることができます。

たとえば、KTCおおぞら高等学院では、

  • 入学式
  • 新入生交流イベント
  • 農業体験
  • キャンパスイベント
  • 卒業式
  • 学院祭

などの年間行事があります。

また、サポート校も充実している通信制高校であるクラーク記念国際高等学校では、野球部、バレー部などのスポーツからeスポーツ部、ボランティアなどまで活動しています。

こうしたイベントやサークル活動に参加できるのは、サポート校の大きなメリットです。

2-1-4:同じ境遇の仲間を作りやすい

高校生という時期は、その後の進学や就職に向けて社会性を身に付ける重要な時期でもあります。

しかし、不登校・引きこもりになるとその機会を失うため、長期化するほどその後の社会復帰が難しくなってしまいます。

通信制高校のみに通学する場合、高卒資格を得ることはできても、家庭以外に所属するコミュニティがなく、その後の社会復帰の準備をすることができないという場合があります。

しかし、サポート校に通えば、同じく不登校・引きこもりという経験を持ったお子さんが多数所属しているため、仲間を作りやすいです。

そのため、あなたのお子さんも友人を作ってコミュニケーション能力を高め、その後の社会進出のハードルを下げることが可能です。

ここまでメリットを紹介しましたが、デメリットになり得ることもありますので、これから説明します。

2-2:デメリット

サポート校のデメリット

通信制高校のサポート校に通うデメリットは、以下の通りです。

■通信制高校のサポート校に通うデメリット

  • サポート校に通うだけでは高卒資格は得られない
  • 費用がかかる

順番に説明します。

2-2-1:サポート校に通うだけでは高卒資格は得られない

1章でも触れたように、サポート校はあくまで通信制高校の生徒の学習・生活全般をサポートする施設です。

一種の塾のようなものであるため、サポート校に通うだけで卒業資格が得られるわけではありません。

そのため、サポート校に通っていても、学校から出される課題を提出し単位を取得する必要があるのです。

あくまでお子さんが主体的に学習・生活に励むことが前提になりますので、サポート校に通えば自動的に卒業できるわけではない、という点には注意が必要です。

2-2-2:費用がかかる

サポート校は通信制高校があわせて経営している、もしくは提携していることが多いですが、あくまで別の施設です。

そのため、通信制高校とサポート高校の両方に通う場合は、それぞれに費用がかかります。

詳しい費用については4章で紹介しますが、たとえば、一ツ葉高等学校では、下記の費用設定になっています。

■通信制高校の費用

入学金:5万円、授業料(1単位):8000円、教育充実金:5万円(※その他教科書代などの実費あり)。

通信制高校の単位は、74単位以上取得する必要があるため、授業料は59万2000円以上かかります。

そのため、通信制高校の費用は、合計70万円+α(3年間)がかかってくることになります。

■キャンパス(サポート校)の費用(一般コースの場合)

キャンパス費用:46万円、施設設備費:5万円(※その他も模擬試験、イベントなど実費あり)。

キャンパス(サポート校)の費用としては、通信制高校とは別途で上記費用が3年間かかります。

つまり、51万円が年間かかってくることになります。

これを見て分かるように、通信制高校に通うだけなら普通高校に比べてかなり安くなるのですが、サポート校に通うとかなり費用が大きくなり、この点をデメリットに感じられる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、大手の通信制高校であれば、ご家庭の経済的状況に応じて学費を減額できる制度がある場合もありますので、まずは資料請求・問い合わせをして、確認してみることをおすすめします。

ここまで通信制高校とサポート校について詳しく解説してきましたが、どこの学校でも良いというわけではありません。

そこでこれから、サポート校のある通信制高校の中でも、お子さんにあった学校を選ぶポイントを解説します。

3章:サポート校のある通信制高校の選び方

サポート校のある通信制高校の選び方

通信制高校を選ぶ上では、お子さんが無理なく継続して学習できるような施設を探すことが大事です。

どんなに良さそうな施設でも、お子さんに合わない所であればかえってストレスを増やしてしまうだけになってしまうからです。

そこでこれから、以下の探す段階別に具体的な選ぶポイントを紹介します。

  • HPや資料請求で比較する
  • 施設スタッフとの面談で比較する
  • お子さん自身に合っているかで比較する

それでは、具体的に見ていきましょう。

3-1:HPや資料請求で比較する

まず、通信制高校は気になる所をインターネット上で調べ、HPを見たり資料請求したりして、以下の基準でチェックしましょう。

3-1-1:サポート校の仕組みも持っている所を探す

 1章、2章でも説明してきたように、「自宅学習だけで高卒資格を取りたい」というお子さん以外には、サポート校のある通信制高校に行くことをおすすめします。

ただし、通信制高校の一部は「サポート校」ではなく単に「キャンパス」と説明していることも多いです。

そのため、行ってみたい通信制高校が見つかった場合、その通信制高校に「キャンパス」があるかどうかチェックしてみましょう。

3-1-2:自宅からの近さではなく大手・長年運営されている所を探す

 サポート校に入らず通信制高校のみに通いたいという場合は、基本的には自宅学習のみになるため、学校を自宅からの近さで選ぶ必要はありません。

そのため、全国を視野に入れて大手で長年運営されているような学校を見つけることをおすすめします。

当然ながら、大手・長年運営されている通信制高校の方が実績があり、またお子さんをサポートするノウハウも持っている場合が多いからです。

自宅で学ぶならそれほど違いはない、と考えてしまう場合もあるかもしれませんが、そんなことはありません。

長年運営されている通信制高校は、カリキュラムや専門コースも充実していて、お子さんがより学びやすいようになっているのです。

「サポート校を利用したい」という場合は、通学できるサポート校が近隣にあるかどうかチェックしてみる必要があります。

その場合も、大手の方が全国にキャンパスを持っている所が多いため、まずは大手の通信制高校から調べてみることをおすすめします。

4章で紹介しますが、KTCおおぞら高等学院の場合、多くの地方にサポート校があるため、あなたのご自宅の近くにもあるかチェックしてみることをおすすめします。

3-1-3:資格取得やスキルの習得が可能か

HPや資料請求では、お子さんが取りたい資格やスキルの習得が可能なのかどうか、確認することも大事です。

例えば、一部の通信制高校では、

  • プログラミング、PCのスキルを身に付けるコース
  • 福祉、子供に関わる仕事のコース
  • マンガ、イラストレーターを目指すためのコース
  • ネイルなどの美容関連のコース

などのカリキュラムが選択できる場合があります。

こうしたコースを利用できるか、専門の講師がいるかどうかよく確認することをおすすめします。

またその前に、お子さんが何に興味があるのか、何を勉強したいのかしっかり話し合ってみることをおすすめします。

3-1-4:サポート体制は充実しているか

これまでも説明してきたように、通信制高校の場合は自宅学習が中心になるため、お子さんに対するサポート体制としてどのようなものがあるのかは、しっかり確認することをおすすめします。

もし、サポート体制が十分ではない通信制高校に入ってしまったら、お子さんが学習を継続できずに卒業できなかったり、学習の過程で余計なストレスを抱えてしまうことにもつながるからです。

インターネット上のHPでも確認できますし、詳しくは通信制高校に連絡を取ってみて、直接確認することもおすすめします。

3-2:施設スタッフとの面談で比較する

HPや資料請求で候補の施設を絞り込んだら、次に施設スタッフと面談して比較することが大事です。

実際にスタッフと話してはじめて分かる情報や、スタッフの印象を感じることができるからです。

施設スタッフとの面談の際は、保護者への説明に過不足がないか確認しましょう。

例えば、

  • 施設の利用にかかる費用や内訳
  • スタッフの資格や実績
  • カリキュラムやコース、学習内容の詳細
  • サポート校(キャンパス)の雰囲気

といった、親として気になることをしっかりと説明してくれるかどうかは確認しておきましょう。

また、説明に不足があっても、あなたが気になることを質問したときに、丁寧に答えてくれるのであれば問題ありません。

ただし、回答が曖昧だったり違和感を受けるようであれば、施設選びを考え直してもよいかもしれません。

3-3:お子さん自身に合っているかで比較する

通信制高校選びで最も重要なのが、お子さん自身が前向きに通信制高校に行きたいと思えるか、という点です。

中学や高校で不登校になってしまったお子さんの場合、お子さんの不登校を改善すること、社会性を取り戻すことが大事ですが、そのためにはお子さん自身が楽しく過ごせること、前向きに毎日の生活を送れることなどがとても大事だからです。

不登校のお子さんの場合、お子さん自身が前向きに通信制高校に行きたいと考えているか、ということが非常に大事です。

お子さんが前向きになっていなければ、継続できずに退学してしまうことにもなりかねません。

そのため、お子さんが前向きに行けるかどうか、親子でしっかり話し合い、親が通信制高校に行くことを強いないことがとても大事です。

ただし、親子関係が崩れてしまっている場合は、その話し合い自体が難しい場合もありますし、お子さんの状態によっては通信制高校も難しい、という場合もあります。

そんな場合は、学習よりも生活全般の立て直し、社会復帰のための全面的なサポートが受けられる、フリースクールを見つけることをおすすめします。

詳しくは、下記の記事をご覧ください。

【不登校・引きこもり】高校生向けフリースクールのメリットと選び方

ここまで通信制高校・サポート校の特徴やメリット、デメリットについて解説してきましたが、「子供に合った通信制高校を見つけたい」という悩みもお持ちだと思います。

そこで最後に、不登校のお子さんにおすすめの通信制高校を紹介しますので、参考にしてください。

さて、ここまで読んで「結局、どこの通信制高校が良いんだろう」とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

そこで最後に、おすすめのサポート校のある通信制高校について詳しく解説します。

4章:おすすめのサポート校のある通信制高校

不登校のお子さんにおすすめの通信制高校は、以下の2つです。

順番に紹介します。

4-1:KTCおおぞら高等学院

KTCおおぞら高等学院

高卒資格がゴールじゃない。なりたい大人になるための学校。

KTCおおぞら高等学院
KTCおおぞら高等学院の特徴
  • 自分の個性や興味に合わせて 3つの学科から選べる!
  • 進学・プログラミング・マンガ・ネイルなど多様なコース!
  • 海外体験プログラムも!

KTCおおぞら高等学院は、2002年に設立されて以降、全国にキャンパス(サポート校)を展開してきた大手の通信制高校です。

結論から言えば、KTCおおぞら高等学院は、「とりあえず高卒資格だけでも取得させたい」「何か強みを見つけてあげたい」という場合におすすめです。

4-1-1:サポート校

KTCおおぞら高等学院では、北は仙台から南は鹿児島まで44校のキャンパスを持っているため、サポート校を利用したいという場合も困りません。

近隣にないかチェックしてみましょう。

カリキュラム・コースとしては、

  • 興味を追求する「みらい学科」:プログラミング、ネイル、マンガなどの専門コースがある
  • アドバンス学科:進学のために志望校に合わせた学習が可能
  • スタンダード学科:自分のペースで学べる普通学科

があり、お子さんの状況、性格、関心に合わせた選択が可能です。

サポート体制も充実しており、学習のサポートからメンタルサポートもあります。

さらに、社会体験のプログラムや屋久島でのスクーリングなど、社会性を育むプログラムもあります。

4-1-2:費用

KTCおおぞら高等学院ではコースごとに異なる授業料が設定されていますが、スタンダード学科の年間授業料は以下の通りです。

  • ウィークデイコース(週5日通学):39万6000 円(税込み)
  • ツーデイコース(週2日通学):15万8400 円(税込み)
  • 個別指導コース:58万800 円(税込み)

※みらい学科、アドバンス学科の費用は異なります。

※これはサポート校の費用であり、プラスして通信制高校としての費用もかかります。

キャンパスやコースによって費用も異なりますので、まずは一度資料請求してみてください。

4-2:一ツ葉高等学校

一ツ葉高等学校は、2008年に設立された通信制高校です。

一ツ葉高等学校は、不登校・引きこもりでも、留学、進学を目指す向上心のあるお子さんに向いています。

4-2-1:サポート校

代々木、立川、千葉、福岡、小倉、熊本と関東、九州を中心に6つのキャンパスがあり、近隣であれば通学して学ぶことも可能です。

一ツ葉高等学校の特徴としては、以下のようにさまざまなコースがあることです。

  • 留学・進学したい人向け:大学進学コース、アメリカ大学進学コース、ニューヨークダンス留学コース
  • 高卒を目指す人向け:一般コース(週5日)、週1日~3日コース、本科生コース(通学せずレポート提出のみ)
  • 夢を追いかけたい人向け:通学ゼロで夢を追いかけながら高卒資格を取得するコース
  • 中学生向け:プレスクールコース

サポート校によって利用できるコースも異なりますが、不登校のお子さんはもちろんのこと、留学、スポーツなどやりたいことがあるお子さんにも向いているコースがあるのが特徴なのです。

4-2-2:費用

一ツ葉高等学校は、キャンパスやコースによってかかる費用が異なりますが、一例として代々木キャンパスでは以下の費用がかかります。

■通信制高校の費用

  • 入学金:5万円
  • 授業料(1単位):8000円
  • 教育充実金:5万円

※その他教科書代などの実費あり

■キャンパス(サポート校)の費用(一般コースの場合)

  • キャンパス費用:46万円
  • 施設設備費:5万円

※その他も模擬試験、イベントなど実費あり

週2日、週1日コースの場合はより少なくなりますが、専門のコースの場合は高くなる場合もあります。

また、利用できるコースはキャンパスによっても異なりますので、まずはお気軽に資料請求してチェックしてみてください。

「一ツ葉高等学校」

まとめ

いかがでしたか?

最後にこの記事の内容をまとめます。

■通信制高校のサポート校に通うメリット

  • 学習・生活全般のサポートを受けられ卒業しやすい
  • お子さんにとって新しい居場所ができる
  • さまざまなイベントやサークル活動に参加できる
  • 同じ境遇の仲間を作りやすい

■通信制高校のサポート校に通うデメリット

  • サポート校に通うだけでは高卒資格は得られない
  • 費用がかかる

■通信制高校の選び方

  • HPや資料請求で比較する
  • 施設スタッフとの面談で比較する
  • お子さん自身に合っているかで比較する

■おすすめの通信制高校

この記事を参考に、ぜひできることから行動を開始していきましょう。

コノミライについて

コノミライは、子供の引きこもりや非行など「子供の問題」に悩むご両親のために、様々な論文や専門家の情報をまとめて中立的な立場で情報提供を行うメディアです。

お問い合わせ:konomirai@reach-cr.com

不登校・非行などお子様の問題についてお気軽にLINEでご相談ください。コノミライ相談事務局 LINE登録はこちら
不登校・非行などお子様の問題についてお気軽にLINEでご相談ください。コノミライ相談事務局 LINE登録はこちら